*当サイトはFirefoxで見ると一番綺麗に表示される…はずです。

Contents For GAME

CFWを使用しUMDから直接ISOイメージを吸い出す

『解説』
ここではCFW3.52 M33-3以降から実装された機能を使用したISOの吸出し方法を紹介します。
    【必要なもの】
  • CFW3.52 M33-3以降のCFWを導入したPSP
  • 吸い出したいUMD
    CXMBプラグインの適用
  1. 吸い出したいUMDをPSPに入れる。
  2. XMBでSELECTボタンまたはHOMEボタンを押すして「VSH MENU」を表示させる。 「CFW3.71 M33」以降はSELECTボタン 「CFW3.52 M33-3 〜 CFW3.60 M33」はHOMEボタン
  3. 「USB DEVICE」を「Memory Stick」から「UMD Disc」に変更する。
  4. 変更したら「EXIT」で「VSH MENU」を消す。
  5. XMBで「USB接続」を選択し、PCとPSPを接続する。
  6. PC側でUMDがISO形式で認識されるため、PC内の任意の場所にISOファイルをコピーする。 このコピー作業がUMDの吸出し作業となります。
  7. 吸出しが成功したらPSP内の任意の場所に吸い出したISO/CSOイメージを入れて、 CFW等で起動すれば遊べます。 ms0:/ISO/****.iso(.cso)
  8. ISOイメージが大きすぎてメモリースティックに入り切らない場合は、 圧縮してISOイメージのサイズを落としましょう。 CSO形式への圧縮方法は「ISO→CSO圧縮」のページで解説しています。
トップページに戻る

アクセスカウンター